機器分析化学_蛍光光度分析1

今回は、蛍光光度分析についてお話します

蛍光光度分析とはなにかの全体感を触っていこうと思います

蛍光光度分析とは

光を吸収することで、励起した分子は、エネルギーを失うと、

不安定な励起状態ではなく、安定状態の基底状態に戻ります

エネルギーの放出方法は、分子衝突等で、

熱としてエネルギーを放出する無放射遷移や

分子間でのエネルギーの移動があることが一般的です

しかし、物質の中には、励起しているエネルギーが、

光として、放出される放射過程を取ることがあります

この減少を起こす物質のことを、蛍光分子と言います

放出された光は、蛍光といい、この放出された光の

スペクトルの形から物質の定性分析を行ったり、

光の強度から定量分析を行ったりすることができます

蛍光光度分析は、吸光光度分析よりも狭い領域でしか使えないですが、

感度は、吸光光度分析よりも10倍から1000倍良いという特徴を持っています

したがって、蛍光光度分析が可能な物質の定量分析によく用いられます

最後に

今回は、吸光光度分析について、はじめの紹介を行いました

実際の分析手法などについては、今後ご紹介していこうと思います

今回もありがとうございました

次回もよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA