原子中電子について

今回は、原子中の電子についてお話していきます

原子中電子について

原子を示している周期表は、その原子番号の大きな順番で並んでいます

この原子番号は、陽子の数と連動しているため、

原子が電荷を帯びていない前提とすると、電子の数の最大順に並んでいるとも言えます

原子の原子核と核内の陽子の数が、原子のもつ化学的特性を決めている大きな要因となります

そして、化学反応を起こす時、その殆どは、電子の状態で起こります

電子自体は、−1の電荷を持っていて、全ての化学種の電荷は、陽子の数に対し、

電子の数によって決まります

イオンの形状を取っている元素である場合、

リチウムイオンのときは、イオンでは+1の電荷を持っていて、

これは、3個の陽子と2個の電子からなっているため、

+1ということになります

電子は、負電荷に加え、スピンという2つの内部自由度を持っています

電子の自由度は、右回りと左回りの自転で、

それぞれは、上方向と下方向の各運動量が生じます

電子は、原子内の一定の空間を占めています

その空間のことを、軌道と呼び、

原子内の軌道は最大2個の電子を含むことができます

スピンは、同一方向のものが入ることはできないため、

右回りと左回りの1つずつが入ることになります

化学において、電子は分子中で原子同士を結びつける

化学結合を生み出すからです

共有結合の時、普通は

原子間に共有される組の電子対からなります

それぞれの電子対には2種類のスピン状態にあります

化学反応を起こす分子は、この結合が切れて、

新しい結合ができます

このときの反応物と反応性生物の分子の間で、再編する必要があります

この再編がうまくいきやすいすなわち、反応性が高く

反応速度が早いということになります

最後に

今回は、分子内の電子についてお話していきました

化学構造と化学反応において、電子の動きは重要であるため、

電子について、詳しくなるほど化学がわかりやすくなっていくと思います

少しでも取っ掛かりになっていただけていたら嬉しいです

今回もありがとうございました

次回もよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA