分光学的な遷移について_禁制と選択

今回は、遷移の中の分光学的な遷移についてお話していきます

分光学的遷移の概要

電子が、3つある量子数の中から一つの量子数がエネルギー準位の低い位置に遷移し、

状態変化を起こす時、この時移動する電子は、エネルギーの変化ΔEを起こして、

(遷移状態のエネルギー)−(基底状態のエネルギー)で生まれたエネルギーは、

ボーアの振動数条件で与えられる振動数の電磁放射線のフォトンとして放出されます

あらゆる遷移は、発生は、許されています

任意の初期オービタルから任意の他のオービタルね電子が遷移することでスペクトルが生じることを

考えようとしてしまいます

しかし、実際には、電子の繊維によって、スペクトルが生じるすることはありません

発生したフォトンが、固有のスピン角運動量を持っているため、スペクトルが生じるということではありません

電子の角運動量が変化し、フォトンが、持っているスピンとして運ぶ角運動量を運んでいくことができないからです

s電子は、他のsオービタルに遷移できないため、

このときは、電子の角運動量に変化はありません

したがって、フォトンが動かすはずの角運動量を作り出すことができないからです

これらのことから、ある特定の分光遷移は、許容されていて、発生します

しかし、他の遷移では禁制となって、発生しない事があるといったことが発生します

選択律とは、どの遷移が許容されていて、どの遷移が許容されていないのかを示しているものになります

次回は、選択律についてご紹介していきます

最後に

今回は、簡単に分光学的な遷移についてお話しました

以前にも遷移状態の変化についてお話しました

今回からは、遷移についての種類や、その違いについてを中心にお話していこうと思っています

少しでも勉強の力になれていたら、嬉しいです

今回もありがとうございました

次回もよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA