電子と陽子について

元素は全て陽子と中性子と電子の3種類でできています。

この中で、陽子と電子の個数が一緒であるために、

基本的には元素は中性の状態であり続けているということです。

では、陽子と中性子と電子はどのような位置関係であり続けているのか

元素の質量は、ほぼ陽子と中性子の個数で決まっていきます。

そして、陽子と中性子を中心として、その周囲を電子が回り続けている形となります。

この距離は、核として決まった距離が存在します。

一番最初の距離である核の名前は、K核といい、電子は2個いることができます。

そして希ガス元素である、Heは陽子2個、電子2個、中性子2個からできています。

K核にいられる最大個数である2個の電子がいることで、反応するためには、きれいに

埋まっている核から引っこ抜くか、もっと大きなエネルギーが必要な、次の核に電子を入れ込むかの

どちらかを行わなければなりません。

しかし、どちらも多大なエネルギーが必要になります。

したがって、基本的に希ガス元素は反応性が小さいと言われる要因です。

この、それぞれの核にどれだけ電子が入っているか、また、どれだけ空白の席があるかで

だいたい同じような性質を示すため、それぞれ、アルカリ金属、アルカリ土類金属、

ハロゲン、希ガス元素など、種類の分け方があり、もっと大きな枠組みで、

典型元素と遷移金属というくくり方があり、電子の入り方が、核のエネルギーが少なくすむ

入り方をするために、電子が順番通り入っていかないため、自由な電子があることで、

反応性や結合が変わってくる遷移金属といった、大きな枠組みが存在します。

上記から、元素一つひとつでたくさんの反応性があり、難しく感じていました。

しかし、細かく見ていくと、たった3種類のものから出来上がっていることがわかり、

あとは、個数を気にしたらいいことを学び、少し簡単に感じることができました。

簡単に触りの部分のみ大まかに記載させていただきました。

少しでも全容がわかったら嬉しいです。

今回もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA