希ガス元素について

大気の構成元素で出てきた、アルゴンの所属である、

希ガス元素について少し書いていきます。

希ガス元素は安定状態で存在するものは、全部で5種類あります。

それぞれ、He(ヘリウム)、Ne(ネオン)、Ar(アルゴン)、Kr(クリプトン)、Xe(キセノン)

という名前である。

序盤の方に出てくるHe、Neは日常生活でもよく使われる元素です。

Heは、空気よりも軽い性質を生かして、プカプカ浮かぶ風船を作るのに使用されたり、

飛行船の安全な浮遊ガスとして使われています。

また、Neは、昔の看板などのネオン管は、Neを使用した電気となっていました。

いずれも希ガス元素が持つ性質として、反応性が限りなく小さいという

安定性の性質を生かして活用されています。

なぜ、希ガス元素の反応性が小さいのかは、それぞれの原子の形について

次回記載していきます。

次回、希ガス元素がなぜ反応性が小さいのか、電子と核について

書いていきます。

今回もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA