大気の組成について

大気を構成する元素について、酸素や二酸化炭素があって、

酸素の方が多いということは、ほとんどの方が知っていると思います。

今回は大気を作っている、元素の種類についてお話していきます。

まず、大気の組成トップ3を紹介していきます。

  1. 窒素_78.08%
  2. 酸素_20.95%
  3. アルゴン_0.93%

ここで、二酸化炭素が登場しないことに驚いたかもしれません。

私も、初めて学んだときは、驚きました!

3番目のアルゴンは、希ガス元素と呼ばれる種類の元素で、

「めったに無い元素なのでは」と思っていたので驚きました。

また、パーティーグッズで使われるガスなので、

「そんなにいっぱいあったら、みんな声高くなるのでは」

とか考えてみたりもしました。

そして、二酸化炭素は、3番目のアルゴンに大差をつけられた、

0.03%しか大気には含まれてません。

これが0.06%になるだけで、人間は死に絶えてしまうそうで、

絶妙なバランスで私達は生きられていることを知って、

さらに感謝の気持ちを持つ機会になりました!

ちなみに、水素は、軽すぎるせいで、地球の外に行ってしまうので、

地球上に水素ガスとして存在はしないそうです。面白いですね!

地球上の元素についてもいずれ、共有できるようにしていきます。

次回は、今回登場した、希ガス元素について紹介していきます。

また、よろしくおねがいします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA